生徒の一日の流れ(塾がある日編)

■中学3年生M君の場合

18:00   生徒教室到着

    課題の進み具合を管理画面で確認

    ※管理画面は生徒もアプリで閲覧可能

    今日までの一週間を振り返り、

    向こう一週間、何をするか打合せ

    ※本人が課題を決め、すべてスケジューリング

18:40   オンライン授業開始   

20:30  オンライン授業終了 

    授業内容振返り

    塾アプリ上にメモ

20:35   自習開始

    自習時の質問対応は2種類
    ①専任講師による質問対応

    ②LINE@で質問対応

    ※分からないところはすべて解答動画を作成し返信 

22:00  自習終了・帰宅

    ※基本1時間に1回程度休憩をはさんでいます。

 

生徒の一日の流れ(自宅編)

■中学1年生Mの場合

20:00  勉強スタート

    ※塾側は塾アプリで確認しています

20:20  質問ボックスに分からないところを撮影し送信

20:50  質問ボックスから解答解説動画が届く

              担当講師含め、複数の講師とメッセンジャーで雑談

    講師は生徒のお悩み相談をしつつ勉強の応援をします

21:00    別の課題の勉強スタート

22:00   勉強終了

    課題の進み具合を塾アプリで確認

    ※塾側から「よく頑張りました」といったメッセージ

22:10    1日の振り返り

    早めに終わった課題と、

    今日中に終わらなかった課題を確認

    ※本人が課題を決め、すべてスケジューリング

 

 

コラム・カラフル学舎の考え

私たちは、お子様が塾に来ている時間だけが授業だとは思っていません

そのため、常に自宅でどのように勉強すべきか、ということを提案し続けています。
しかし、自宅学習には様々な誘惑がつきまといます。

中でも、スマホの使い方はどこのご家庭も手を焼かれているご様子・・・。

でも、実は困っているのは保護者様だけではなく、お子様も同じだということをご存知でしょうか?

 

カラフル学舎に通う生徒たちに話を聞いてみたところ、こんな意見が多く出てきました。

「本当は勉強したいんだけど、家にいるとスマホばかりいじってしまう」

そうなんです。

みんな頭では分かっていても、止められないだけだったのです。

そこで私たちは考えました。

「スマホを使いたくなったら、まずは塾の専用アプリを立ち上げよう」

私たちは、これを授業中、徹底して行いました。

そして、授業がない日も、可能な限り自宅学習の進み具合を確認し、生徒によっては毎日メッセンジャーで応援メッセージを送り続けました。

 

結果、以下のようなことが起きました。

ある生徒からは、

「勉強したくないときにスマホを触ると応援メッセージが来てる。だからついつい読んじゃう。そして、頑張らなくちゃと思って勉強する。本当は勉強したいし。だから先生、もっとメッセージ送ってよ!」
別な生徒からは、

「スマホを使って勉強するから、勉強してるときスマホで遊ばなくなったかも」
他にも、

「スマホを見れば課題が分かるから、今日勉強何しようかな?と思わなくなった。だから、家でもすぐ勉強できる分、終わってから使えばいいと思うようになった」

これらは嘘のようなホントの話。

 

今までは、

自宅で勉強をしようと思う→スマホをしたい→スマホで遊んでしまう→勉強しない→後悔してしまう、

となっていたものを、

自宅で勉強しようと思う→スマホをしたい→課題を確認する→応援もされている→締切も気になる→とりあえず課題だけは終わらせようとする→課題が終わったらスマホを使う→達成感がある

という流れ変換。

 

ただ、ここで問題だったのが、どうしても分からない問題が出てきたときの対処法。

やる気に満ちていたはずなのに、一気にトーンダウンしてしまいます。

しかし、大丈夫。

カラフル学舎は、お子様がLINEで気軽に質問できる「質問ボックス」というものを開設しています。

この質問ボックスは、質問ボックスのLINEに、分からない問題とその解答を送ると、なんとお子様だけの解答解説動画を返信していくサービス

正直かなり赤字ですが、ここまでやるか、というくらい徹底的にフォローし続ける体制を作っています。

 

なぜそこまでやるのか?

答えは簡単です。

私たちはチームだから。

つまり、お子様もチームの一員ということ。

チームの仲間が困っていたら、メンバー全員で支えようとするのは、考えてみれば当たり前のことですよね。

どんな人であれ、信頼されて初めて一歩前に進もうと思うものです

私たちはチーム。

チームである限り、カラフル学舎は全力でお子様をサポートし続けます。