文章長めですができるだけ細かく書きました。大切なお子様を預ける価値のある塾かどうかご判断してください!

チームで学べる

カラフル学舎は、生徒1人を3~5人のチームでサポートしている他のどこにもない塾です。よって、従来型の個別指導では考えられなかった、きめ細やかな指導体制を実現しています。そのため、例えばカラフル学舎では宿題がありません。なぜなら、インターネットを活用することで、自宅にいてもどこにいても課題の進み具合が分かるからです。進捗管理自体は真新しいことではありませんが、カラフル学舎はその一歩先の管理体制を実現しています。いわゆる対話型の指導を行うことで生徒に自発的な動機付けを促し、アジャイル型(短期間で変更を重ねつつ最善策を見つけていくマネジメント方法)の授業を展開しているためです。生徒の特性をチーム間で補完し合うことで、生徒が伸び伸びと学習できる環境を常に維持しています。そうすることで、生徒は自身の声が常に自分の授業に反映されるため、非常に伸び伸びと学習するようになっていきます。

 

対話形式で学べる

学校の授業についていけない、でも自分ではどうしたらいいか分からない、という生徒には「すらら」がおすすめです。アニメーションを駆使して、有名予備校のカリスマ講師の授業内容を再現し、あたかもキャラクターと対話しているかのように勉強を進められるため、楽しみながら飽きずに勉強できます。もちろん、ただ楽しいだけではなく、実力もしっかり身につきます。難易度コントロールシステムというものがあり、自動判定でお子様の実力よりほんの少し難しい問題が出題されることによって、簡単すぎ、難しすぎを避けることが出来るというのがその理由です。

ついつい続けたくなってしまう「すらら」をぜひお試しください。いわゆる映像授業にありがちなただ動画を見せるだけ、という授業ではなく、塾側で立てた学習計画を効率よく進めていけるようにしています。小学生の飛び級や、英検、数検対策にも非常に有効です。また、上位校を目指す中高生には、ケアレスミス対策に使えるのが大きな特徴です。

 

 

学習理論ありきで学べる

ボランティア塾を経て起業した頃の私は、情熱だけは誰にも負けない塾講師だったと思います。しかし、未経験で独立した分、徐々に情熱だけでは通用しないと感じるようになっていきました。そこで一念発起し、どうせなら東北大学を目指すぞ!と生徒らに宣言し、結果、幸運にも東北大学大学院教育学研究科に合格し、教育心理学を研究することになりました。正直、塾との両立は、筆舌しがたいものがありましたが、2年間、教育の「今」と最高レベルのアカデミックな世界に身を置けたことは自分にとってかけがえのない財産となりました。そこで見えてきたこと。それは、昔の自分がそうだったように、塾は、塾長や講師の独断や偏見で指導しているケースが多いということでした。例えば、テキストをとにかく大量にやらせる、生徒に合ったやり方を探すより塾のやり方を優先、実力不足を人柄でカバー等々、学習理論がないまま指導するということは、説明書を読まないでプラモデルを作ったり、ゴールを決めないで走り始めるマラソンのようなものだと気づかされていったのです。そして根拠より直感や経験が優先されるこの業界自体に危うさを感じるようになっていきました(塾だとよく学校を否定してしまいがちなところがありますがもってのほかです)。そのため、カラフル学舎の場合、塾長である私の考え方を常にオープンにし、全国の様々な教育機関の方と情報交換しながら、常に検証を加え、多くの人のチェックの下で授業をすることを意識しています。そうしないと、独善的な授業で生徒を困らせてしまったり、仮にたまたま成績が上がっても次に繋がらないなどといったことが起きてしまうからです。それだけ、学習理論は大事だということをご理解いただけたら幸いです。

 

先進的な授業スタイルで学べる

 中学校では、毎年学年トップを出してきました。その一方で、学力的に困難を極める生徒の成績も伸ばしてきました。ある程度できる生徒をさらに伸ばすことと、基礎が安定していない生徒を伸ばすこと、この2つは指導スキルとしてはまったく異なります。しかし、それを実現可能にしているのが、カラフル学舎のオンライン授業です。2014年、大崎市ですららを導入した頃は、周囲は個別指導塾ばかりで、まだまだe-learningは珍しい学習方法でした。しかし、2018年現在、オンライン学習の市場は拡大の一途を遂げ、実際、カラフル学舎でも素晴らしい結果が出始めています。例えば、中学受験の合格者数、大学受験にも対応したオンライン授業の提供、Zoomを使った遠隔地支援サービスやオンライン自習室など、私たちの取り組みは、多くの教育関係者に支えていただきながら少しずつ前に進んでおります。そして、現在は、自分たちでオンライン授業とオフライン授業の融合を目指し、先生に会えるスタイルのオンライン授業を展開しはじめています。こうした取り組みは、全国の塾からも注目を集め、ここ数年は多くの塾オーナーの方々が見学しにくるまでになっています。私は、2011年アラスカと大崎市を繋いでオンライン授業を行うなど、その可能性に長年取り組んできました。オンライン学習と一般的な個別指導を比較する議論はもう新しいステージに移行しています。教育効果だけを考えたら、断然オンライン学習だということを踏まえつつ、その盲点について議論し合わなくてはならない、そんな時代がもうすぐそこまで来ていると考えています。

地域最安から学べる

カラフル学舎の前身は、震災ボランティアの学習塾でした。

地元の小さな集会所をお借りして、学校がいつ始まるかも分からなかった時期、子供たちをなんとかしたいという想いで立ち上げたのすべての始まりでした。そこから現在に至るまで色々と大変なこともありました。でも、ずっと変わらずにいたことがあります。それは、大崎市でもっとも安い料金帯で、最高の結果を出し続けるというこだわりです。一般的な個別指導塾だと、基本の授業料金に加えて、テキスト代や管理費などが加わり、結果的に月4回で2万円前後というのも珍しくありません。しかし、当塾は、月8回受講してこの料金です。しかも、1教科いくらではなく、国数英の3教科込み(すららコース)で、です。今後も、柔軟に最新のシステムや情報を取り入れ、生徒目線の最新の授業を常に取り入れることをモットーに、家計にもやさしい塾を目指して努力していけたらと思っております。 

 ⇒コース・料金一例

 

在宅で学べる

在宅授業というと、不登校、遠距離、時間が取れない、といった理由がよく挙げられますが、カラフル学舎の場合、もっと身近なイメージです。塾にも行くけど在宅のオンライン授業も使う、といった感じになります。今や中高生のほとんどがスマホを持っている時代。スマホ依存という言葉もあり、勉強中スマホを使うのを良しとしない考えもまだまだありますが、カラフル学舎の場合、いっそ授業や自分の勉強に使ってしまおう!という立場です。むしろ、塾でスマホの使い方を指導し、自宅でも使ってもらうことで、SNSやゲームをする時間を減らした方が将来的に学習効率が高まります。勉強は、環境を整え、やらなくてはならない状況を構築することではじめて回転する、そのきっかけをどこに置くか。塾で勉強し、自宅でもオンラインで繋がりサポートするスタイルが今後どんどんスタンダードになっていく中、時代に先行して早めに慣れていくことは将来の仕事にもつながる可能性があります。また、私たちはチームとして、在宅だけの生徒であっても徹底的にサポートさせていただきます。

納得して学べる

なんでもトライしてみないと始まりません。

その結果、初めて自分に合う合わないが分かります。

ですから、体験授業を受けたらすぐに入塾、とならなくてもそれは当然のことです。多くの学習スタイルに触れながら、ぜひ自分に合った方法を見つけてください。そして、その中で、カラフル学舎のやり方がピッタリくるようであれば、全力でサポートいたします。体験授業だけでも大歓迎です!